コンタクトで眼球に傷をつけないようにしましょう

目に少々の傷が付くと、視界がぼやける原因になります。その主な発生機会は、コンタクトレンズ装着時に指が眼球に直接触れることです。対処法は、目 を傷つけないように慎重に作業を行うほかありませんが、容易ではありません。一方で、手軽に行える対策が存在することは事実です。

コ ンタクトレンズを装着する直前に手の指の爪を切っておくと、目に傷が入りにくくなります。指自体は柔らかい皮膚で覆われているので、それが直接目に触れた からと言って目が傷つくことは少ないです。伸ばしたままの爪であれば、少し眼球に触れただけで傷が付いてしまい、冒頭で紹介した症状を引き起こします。爪 は切るだけでなく、研いでおくことも必要です。切っただけの爪は、ところどころに鋭利な部分が残ってしまいやすいと考えられます。したがって、拡大レンズ などを用いて爪の表面が滑らかになるまで研ぐことが重要です。

雑菌が目に付着することによって、炎症を引き起こして傷が付く可能性 もあります。このような場合、ほとんどの要因は指に付着したばい菌です。コンタクトレンズを指の上にのせる前には、手を洗って指を清潔にしておく必要があ ります。そうすることによって、目に雑菌が入りにくくなるというわけです。