コンタクトによる目の充血の対処法とは?

コンタクトレンズは、目の矯正もしつつ、メガネと違って気軽にオシャレが楽しむので、大勢の人から人気を得ています。しかし、いざつけてみると充血したり目が痒くなったりする可能性もあります。

その症状が出る原因として考えられるのが、酸素不足に水分不足、それにレンズの汚れや傷などです。なのでその対処法として上手なレンズとの使い方をご紹介します。もちろん個人差があるでのご了承ください。酸素不足や水分不足はまず、レンズの使用期限をしっかりと守ることです。ワンデーやツーウィークのものをずっと使い続けているとどんどん痛んできて、しまいには失明してしまいます。そうならない為に使用期限を守ることをオススメします。

もうひとつは、レンズを毎日洗うことです。ワンデーなら1日使い捨てですが、ツーウィークやそれ以上となると毎日使い続けるわけですから毎日汚れや傷が溜まってしまいます。なので、めんどうかもしれませんが毎日洗って保存しておくのがケガの予防になるのです。それに水分補給や少しの痛みなら眼薬をさせば和らぐかもしれません。

しかし、ほうっておくと大変なことになる恐れがあるので痛みがあると感じたら眼科へ行くことをオススメします。レンズが自分に合っていないかもしれませんし、何か傷が入っているかもしれません。眼科ならすぐに対処してくれるのでとても安心です。