メガネとコンタクトを比較してみましょう

現代の日本人は視力が悪い人が非常に多くいます。メガネをかけている人が多く見受けられますし、裸眼の人でも話を聞いてみるとコンタクトレンズをしている人が多くいます。さて、この二つの利便性について比較してみます。
メガネの利便性は何よりも費用がかからないことがあります。最初に作る際に費用がかかってしまいますが、最近は価格がどんどん安くなってきています。今では1万円台からでも作ることが出来ます。最初の費用以外の経費はほとんどかかりません。また、取り外しが容易に出来るので手間がかからないことも利点の1つです。

一方のコンタクトレンズの利便性としては、第一に視野が広がることがあります。360度幅広く見渡すことが出来るので気持ちがいいです。また、裸眼である方が容姿がいいように思われる傾向にありますので、外見的な側面から見ると利便性があります。しかし、、その代わりに費用は高めです。1日1回使い捨てで1カ月分の物を例に出すと、料金は両目を合わせておよそ7000円になります。経費はかなり高めです。
このよう2つの道具にはそれぞれ利便性があります。これを状況に応じて使い分けるのが現代人の賢い生き方だと考えています。デートの時はレンズを付けていこう、という具合にです。